医薬品の個人輸入について解説したサイトです

この記事をシェアする

医薬品の個人輸入で気を付けるべきこと

「自己使用目的」であることが条件

医薬品の個人輸入は、個人が自分で使用する目的で輸入することが条件となっているので、個人輸入した医薬品を第三者へ販売・貸与・授与をしてはいけません。
使用者本人の名義で購入し、配送先も自宅にしましょう。
たとえ家族や親しい友人が使う分でも一緒に購入することはできません。

また、配送先を会社等にしてしまうと、自己使用目的でないのではないかと疑われ、規定の数量以内であったとしても、薬監証明の取得を求められることになります。
さらに、薬監証明の取得の要否に関して補足すると、例えば、1か月分以内であれば薬監証明が不要とされている医薬品を、1ヶ月以内に2回に分けて、合計2か月分輸入するなどの場合、既定の数量を越えた輸入に当たるので、薬監証明が必要になります。

個人輸入のリスク

個人輸入した医薬品には、製造・保管や医薬品の品質等の水準について、国内の医薬品で要求される基準が適用されず、有効性や安全性に関するリスクが伴います。
特に、ダイエット効果や強壮効果を謳った商品について、個人輸入した医薬品の服用による健康被害の事例が多数報告されています。
国内で販売されている医薬品の健康被害であれば適用される「医薬品副作用被害救済制度」が、個人輸入の場合には適用されない点にも留意しましょう。

加えて、医薬品の添付文書等が外国語で記載されているために、使用上の注意点等を十分に理解しないまま使用しやすいといえます。
また、本来は医療機関を受診しなければ手にすることができない処方箋薬も、個人輸入の方法であれば処方箋なしに購入できますが、こうした医薬品については安易な自己判断の危険性はいっそう高いといえるでしょう。
事前に医師や薬剤師等の専門家に相談することをお奨めします。


Topへ
戻る▲